通信事業だけじゃない、ソニーモバイルの戦略--IoTで要介護リスクを食い止めろ - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットを使ったことがない高齢者も、ゲーム感覚で体力測定に参加

 続いて廣部氏は、FAITが実際にどのように活用されているかについて、タブレット端末とセンサを使った体力測定を紹介した。従来から高齢者を対象にした体力測定は行われているが、多くのスタッフと広い場所を必要としたり、測定方法によってはデータの分析が体力要素ごとにできないなどの課題があるという。またスポーツ医学による体力測定は体力要素ごとの測定が適切にできる一方で、専門の設備やスタッフを必要とするなど実施のためのハードルが高い。「このスポーツ医学に基づく体力測定をセンサとタブレット端末で使って簡単に安全にできないかと考えた」(廣部氏)。

 具体的には、専用センサを被験者の脚に取り付け、タブレットの画面を観ながら指示された動作を行うというもので、プログラムは筑波大学が監修した。測定するために必要なのは椅子と畳半分程度のスペースで、5分程度の測定時間で筋力、持久力、素早さ、下肢の協調性、反応速度、認知機能という6項目のデータを取得できるとしている。これを毎月繰り返していくのだ。

 「専用のスポーツセンサはソニーが開発したスマートテニスセンサに使用している技術を応用した。装着すると1000分の1秒の精度で動きを計測できる」と廣部氏。高齢者が椅子に座った状態で、タブレットの指示に合わせてさまざまな動作をすることで、運動能力や認知機能をチェックすることができるという点がこの仕組みの大きなポイントで、高齢者はゲーム感覚で測定をすることができる。「UIはボタンを最小限にして、タブレットを使ったことがない高齢者でもわかりやすいように工夫した」(廣部氏)。

専用センサとタブレットを使い、省スペースで体力・認知機能の測定ができる
専用センサとタブレットを使い、省スペースで体力・認知機能の測定ができる
専用センサはソニーの既存技術を応用しているという
専用センサはソニーの既存技術を応用しているという

 そして、こうした測定の結果はすぐにプリントアウトされ、測定した高齢者に配布されるという。測定結果票には過去の測定からの推移や要介護状態にならないための個別トレーニングに関するアドバイスが記載されており、特にこの個別アドバイスが大きな意味を持っているとしている。「お勧めする個別トレーニングは毎回の測定ごとに変わることで、高齢者を飽きさせない工夫をしている。次の1か月どのようなトレーニングをすればいいのかを知りたいということがモチベーションになり、毎月の測定に参加するようになる」(廣部氏)。

タブレットの指示に合わせてゲーム感覚で測定できる
タブレットの指示に合わせてゲーム感覚で測定できる
8種類の測定種目を用意しており、データはクラウドに自動的に保存される
8種類の測定種目を用意しており、データはクラウドに自動的に保存される

 加えて、日常生活においては「FAITタグ」と呼ばれる腕時計型の端末を身に着けてもらい、歩数、睡眠時間、食事時間などの記録をしているという。ソニーはこれまで腕時計型のウェアラブル端末を多数世に送りだしているが、廣部氏は「これまでの製品は高齢者向けには使えない。彼らにとって従来のウェアラブル端末は使い方が難しく、“充電ができない”、“スマートフォン持っていない”という高齢者も多い。そして、価格が高い。こうした課題をクリアにするために、新たにデバイスを開発した」(廣部氏)。

 具体的には、利用者が高齢者であることを考慮して、半年程度電池交換が不要なコイン電池を使用して充電の手間を省き、1か月分の活動データを蓄積して体力測定の際に簡単にデータ転送できるようにした。また、体力測定の際には内蔵されているNFCをタブレットにタッチするだけでログインができるという。ボタンは3つとシンプルな作りで、着けたまま風呂や水泳ができるよう5m防水に対応している。そして、高齢者でも気軽に購入できる安価な製品にしたという。個々の技術は既に確立しているものだが、それを高齢者の利用シーンに最適化して製品に組み上げた形だ。

 「歩数と睡眠時間は健康寿命との相関性が明確であり、また食事に関してはBMI、特に痩せすぎ(低体重)による体力低下と死亡リスクの相関性に注目している。私たちの研究では、カロリーに注目するよりも、食事を摂るタイミングにフォーカスしている。運動と食事のタイミングを分析することでどうすれば低体重を防止できるのかが見えてくるのではないか」(廣部氏)。

高齢者でも使いやすいように新開発された「FAITタグ」
高齢者でも使いやすいように新開発された「FAITタグ」
痩せすぎ(低体重)による体力低下と死亡リスクの相関性
痩せすぎ(低体重)による体力低下と死亡リスクの相関性

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]