logo

「おうちダイレクト」、対応エリアに東京、埼玉、千葉の9市を追加

加納恵 (編集部)2017年07月21日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 不動産売買プラットフォーム「おうちダイレクト」は7月20日、新たに東京、埼玉、千葉の9市を売り出し対応エリアに追加したと発表した。

「おうちダイレクト」
「おうちダイレクト」

 おうちダイレクトは、ヤフーとソニー不動産が共同で企画、運営する不動産売買プラットフォーム。売主の状況に応じて、「セルフ売却プラン」のほか、ソニー不動産のエージェントが売主の立場に立って高値売却を追求する「おまかせ売却プラン」(売却仲介手数料あり)、査定から最短10営業日でソニー不動産が物件を買い取る「買取プラン」の3つの売却プランを用意する。

 以前から、東京23区と神奈川県の横浜市、川崎市には対応していたが、今回、おうちダイレクト上でオーナー登録者が多いエリアとなる9市を追加した。

新たに追加となったエリア

  • 東京都:武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市
  • 埼玉県:川口市、蕨市、戸田市
  • 千葉県:浦安市、市川市

 おうちダイレクトは、今後も売り出し対応エリアを拡大させていくことで、不動産売却を支援する不動産売買プラットフォームとして、日本国内の中古住宅流通市場の活性化に貢献するとしている。

-PR-企画特集