logo

NHK“原爆の絵”を「インタラクティブ8Kビューアー」で公開--8Kが伝える8月6日

加納恵 (編集部)2017年07月21日 11時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKは広島平和記念資料館と共同で、被爆者が描いた「原爆の絵」を8Kモニタとタブレットを用いて見られる「インタラクティブ8Kビューアー」として公開した。8月1~16日に広島県の広島平和記念資料館で展示する。

「インタラクティブ8Kビューアー」
「インタラクティブ8Kビューアー」

 原爆の絵は、被爆者自らが描いた原爆の記録。NHK広島局が1974年から募集し、現在は4200点を数える。今回、そのすべての絵を超高精細カメラで撮影。作品1点1点を部分撮影したデータをつなぎ合わせ、8Kの4倍以上の情報量を持つアーカイブを作成した。

 インタラクティブ8Kビューアーでは、絵に描かれた場所と日時をメタデータとして記録。爆心地から500m、1000m、1500mと、どの場所での記録かわかるように地図上にサムネイルを配置。さらに日付と時刻をタイムラインで選べるようにした。日時と場所のメタデータを持つ絵は約1000枚。それ以外の絵はフリーワード、作者名、爆心地からの距離といったキーワードから検索できる。

 タブレットと8Kディスプレイは無線LANでワイヤレス接続し、タブレットのサムネイルをタップすることで絵を選んだり、日時をスクロールしたりすることが可能。タブレットをディスプレイのリモコンのように使える。

 8Kの4倍以上の情報量を持つため、部分拡大などにも対応。絵が描かれた当時の画鋲の跡や紙の質感などをそのまま感じられる。


4200点の原爆の絵を収録している

フリーワード、作者名、爆心地からの検索機能も備える

超高精細カメラで撮影しているため、紙の質感や画鋲の跡などが克明に記されている

 NHKでは原爆の絵をテーマにした8K番組「“原爆の絵”は語る~ヒロシマ 被爆直後の3日間~」(総合:8月6日13時05分〜)も制作。絵の紹介とともに現在の広島の様子が収められ、ナビゲーターは波瑠さんと、東出昌大さんが務める。

NHK広島局制作統括チーフ・プロディーサーの大久保幸治氏
NHK広島局制作統括チーフ・プロディーサーの大久保幸治氏

 NHK広島局制作統括チーフ・プロディーサーの大久保幸治氏は「番組制作の発端は、原爆の様子を絵で伝えたいと1枚の絵を持ち込んでもらったこと。毎年絵が増え、NHK広島では番組にしてきたが、今回8Kで番組化することが出来た。余計な説明を入れず時系列で質感が感じられるようにした。特に気を遣ったのは光。大変貴重な資料のため、広島平和記念資料館の学芸員の方立会の下、絵に最も負担がかからない光を調整し、撮影した」と撮影時のエピソードを語った。

 ナビゲーターを務めた波瑠さんは「ナビゲーターをお願いされたときは、広島のことをあまり知らない私がなぜと思った。ただよく知らない人も多いと思うので、そういう人たちが広島を知る気かっけになればいいのかなと思いやらせていただいた」とコメントした。

 NHKで開かれ試写会では、8K用スクリーンを用い、スピーカは22.2ch構成。番組は、スーパーハイビジョン試験放送(7月31日〜8月2日、4~9日、11~16日いずれも13時~)でも放送される。

8K番組「“原爆の絵”は語る~ヒロシマ 被爆直後の3日間~」のナビゲーターを務めた波瑠さん
8K番組「“原爆の絵”は語る~ヒロシマ 被爆直後の3日間~」のナビゲーターを務めた波瑠さん
 
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集