名刺管理アプリ「Wantedly People」に人脈を深める「話題」を提供する新機能

佐藤和也 (編集部)2017年07月19日 17時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは7月19日、名刺管理アプリ「Wantedly People」について、“話題”を提供する新機能をリリースした。また広告販売も展開する。

名刺交換した相手との話題を提供する新機能
名刺交換した相手との話題を提供する新機能

 この話題を提供する機能は、名刺を交換した相手の企業と、その業界に関する情報や世の中のトレンドとなる情報やニュースを、人工知能を活用して収集し、表示するというもの。相手先の企業情報をはじめ、その企業や業界の関連記事などを提供。会話のきっかけ作りに役立ち、ビジネスにおけるより深い人脈構築を可能にするとうたっている。

 また利用者自身に関連する情報についても、話題に関する情報を提供。場の経営者なら、自動車やその部品に関連するニュース記事が配信される。このほか20以上の媒体との提携により、ビジネスに役立つニュースをピックアップし配信する。

ウォンテッドリー代表取締役の仲暁子氏
ウォンテッドリー代表取締役の仲暁子氏

 Wantedly Peopleは、2016年11月リリースされ、サービス提供開始から8カ月あまりでユーザー数100万人、名刺のスキャン枚数も2000万枚を突破しているという。ウォンテッドリー代表取締役の仲暁子氏は、名刺はただ単に交換するに留めず、自身の資産となる人脈として管理し、そこからつながっていくことこそが、満足する環境を見つけて働いていくのに重要だという。その一方で、4分の1程度のユーザーは名刺交換をしたあと、連絡をしていないという。今回の機能は「名刺を交換してためるだけではなく、その先にある“活用”するためのもの」と説明した。

 また広告販売となる「Wantedly People Ads」についても発表。取材を通じての記事広告のほか、アニメーションによるインフォグラフィックタイプの広告、動画広告のものが用意される。制作にあたっては内製で対応できる体制を整えているという。これらの広告は、話題のタイムラインや関連記事という形で表示される。

3タイプ用意された広告販売も行う
3タイプ用意された広告販売も行う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加