SIEJA、延期していたPS4「グランツーリスモSPORT」を10月19日に国内発売

佐藤和也 (編集部)2017年07月14日 10時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は7月14日、PS4用ソフトとして開発を進めている「グランツーリスモSPORT」について、10月19日に国内発売すると発表した。価格は通常版が6900円(税別)。

通常版パッケージ
通常版パッケージ

 本作は“リアルドライビングシミュレーター”をうたうレースゲーム「グランツーリスモ」シリーズの最新作。市販車からレーシングカー、コンセプトカーまで150台以上のクルマや、高速オーバルトラックから首都高速まで、17ロケーション28レイアウトを収録。360度全方位の3D空間が体験できるPlayStation VRにも対応している。一時2016年11月15日の発売を告知していたが、延期となっていた。

 通常版のほか、初回生産限定「リミテッドエディション」を、9900円(税別)で同日に発売。リミテッドエディションにはソフトに加え、大判のスペシャルブックレットや、ゲーム内で使用できる8台のクルマをセットにした「カーパック」などがダウンロードできるプロダクトコードを同梱。また、通常版とリミテッドエディション共通の早期購入特典として、ゲーム内で使用できる3台のクルマをセットにした「ボーナスカーパック」をプレゼントするという。

 PlayStation Storeにおいては、ソフトとリミテッドエディションに含まれるダウンロードコンテンツをセットにした「デジタルリミテッドエディション」を7900円にて販売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加