logo

Uber、ロシアの事業を現地大手Yandexと統合へ

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年07月14日 08時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberがロシアの事業を、モスクワを拠点とする大手配車サービスのYandex.Taxiと統合する。米国時間7月13日にブログ記事で明らかにした。Uberは3年前に、モスクワで配車サービスを開始している。

 YandexとUberは新企業を設立する。食品デリバリーサービス「UberEats」も統合される。新企業は、ロシア、アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、ジョージア、カザフスタンで事業を展開する。

  Uberは、2億2500万ドルの現金を新企業に出資する。

 Uberの欧州、中東、アフリカにおける事業を統括するPierre-Dimitri Gore-Coty氏はブログで「当社の事業をYandexと統合することによって、当社は新企業に非常に大きく関与することになる。新企業は設立時点で、毎月3500万を超える乗車サービスを提供し、同地域の6カ国127都市もの範囲でサービスを展開する」と述べた。

 Yandex.Taxiの最高経営責任者(CEO)Tigran Khudaverdyan氏が新企業のCEOに就任する。同氏が、ブログ記事の中で明らかにした。

 YandexとUberにコメントを求めたが、現時点で回答は得られていない。

Uber
提供:David Ramos / Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集