logo
Kickstarter

オンライン対戦やAI対戦が楽しめるスマートなチェス盤--初心者向けLEDガイドも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータというか人工知能(AI)というか、いずれにしろ技術の進歩は目覚ましく、人間はチェスや将棋、囲碁といった知能ゲームで機械に勝てなくなった。だからといって、ゲーム自体の面白さが失われたわけではない。

 そこで今回は、いつまでも飽きない知能ゲームであるチェスを、さらに深く楽しむためのチェス盤「Chesstronic」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


チェスの楽しみがさらに深まるスマートなチェス盤(出典:Kickstarter)

 Chesstronicは、以前紹介した駒が自動的に動くスマートチェス盤「Square Off」と異なり、一見ただのチェス盤。ただし、スマートフォンと連携してさまざまな機能を提供する。普通に対面してプレイするのはもちろん、人間相手のオンライン対戦、AIとの対戦などが可能。

駒が自動的に動くスマートチェス盤「Square Off」(出典:Kickstarter) 駒が自動的に動くスマートチェス盤「Square Off」(出典:Kickstarter)

 プレイ中の駒の動きは、自動的に記録される。後から振り返って良かった手、悪かった手を復習すれば、次の対戦にいかせる。lichess.orgやchess.comといったチェス関係サイトで提供されている、ゲーム分析ツールを使って評価するのもよいだろう。


駒の動きを自動的に記録(出典:Kickstarter)

 Chesstronicは、チェス入門にも役立つ。 可能な駒の動かし方を盤面のLEDが光って教えてくれたり、チェックやチェックメイトといった状況も盤面に示されたりする。さらに、リアルタイムにプレイを分析し、善しあしを判定してくれる。場合によっては「待った」も可能だ。


Kickstarterキャンペーン限定の緑色の駒(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間8月10日まで。目標金額の3万5000ドルに対し、記事執筆時点(日本時間7月13日12時)で集まった資金はまだ2426ドル。キャンペーン期間はあと28日ある。

Chesstronicの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)

-PR-企画特集