logo

大手IT企業のプライバシー保護、優等生はアドビなど9社--EFF

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 高森郁哉 (ガリレオ)2017年07月12日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT企業はユーザーのプライバシー保護をどの程度達成できているだろうか?

 電子フロンティア財団(EFF)は、米国時間7月11日に公開した7回目の年次レポート「Who Has Your Back」で、それを見極めようとしている。


当局はユーザーデータを監視しようとしている。EFFは企業らがどの程度プライバシーを保護しているかを伝えている。
提供:Matt Cardy / Getty Images

 EFFのランク付けには、以下の5つの基準が使われた。プライバシーに関するベストプラクティスに従っているか。政府からデータの要求があった場合に当該ユーザーに通知しているか。ユーザーのデータを売らないと約束しているか。かん口令に対して抵抗したか。外国諜報活動偵察法(FISA)第702条に基づく国家安全保障局(NSA)の調査プログラムの改定を支持したか。

 これら5つの基準のすべてで星(合格点)を獲得した企業は、Adobe Systems、Credo、Dropbox、Lyft、Pinterest、Sonic、Uber、Wickr、WordPressのわずか9社だった。Google、Microsoft、Facebookはかん口令を甘受したとされて満点には届かず、Appleは第702条に関する姿勢で星を1つ落とした。

 IT企業のいわゆる「ビッグ5」のうち、最下位はAmazon.comだった。同社はベストプラクティスに従っていること、第702条に関する姿勢の2点でしか星をもらえなかった。米CNETは同社にこの件でコメントを求めたが、これまで回答を得られていない。

 このレポートでは、大手携帯電話キャリアは軒並み評価が低く、T-Mobile、Verizon、AT&Tは、いずれもプライバシーについての業界標準に従っているという点で星1つにとどまった。ただし、この項目では、レポートで取り上げられた企業の全社が星を得ている。


提供:Electronic Frontier Foundation

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集