logo

ZENRIN、不動産賃貸仲介業向けの専用アプリ--物件の周辺情報など提供

加納恵 (編集部)2017年07月11日 15時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンリンは7月11日、不動産賃貸仲介業の接客業務をサポートするアプリ「ZENRIN GIS パッケージ不動産ライト」を発表した。借主の属性に合わせた物件の周辺情報などを提供する。発売開始は7月31日。1IDあたり月額税別2980円になる。


周辺施設の一括検索結果や、物件周辺の住宅地図をお客様にも渡せる資料として出力が可能

 ZENRIN GIS パッケージ不動産ライトは、借主の家族構成やその他の属性に合わせた物件の周辺施設や、公立小学校の校区などを地図上に表示し、情報提供できるというサービス。エクセルで出力ができ、資料として渡すこともできる。車庫証明申請書類用の地図切り取り機能も備え、駐車場を契約する借主に対しても対応も可能だ。

 契約期間は1年単位で、動作環境は、Microsoft Internet Explorer 11/Edge。ゼンリンの公式オンラインショップZENRIN Storeから申し込みができる。

-PR-企画特集