logo

中国、人気VPNサービスに停止命令か--SNSへのアクセスさらに困難に

Aloysius Low (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年07月05日 10時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国政府は、仮想プライベートネットワーク(VPN)使って同国の悪名高いインターネットフィルタを逃れているユーザーを取り締まる。


提供:Getty Images

 「Great Firewall」と呼ばれるこのフィルタは、中国政府が望ましくないと考えるニュースサイトに加えて、TwitterやFacebookなど、中国政府の統制が及ばないプラットフォームであるソーシャルメディアサイトへのアクセスをブロックしている。ユーザーはこの規制を回避するため、フィルタのない国外のサーバにトラフィックを中継させるVPNを利用しているが、この選択肢が近く使えなくなる可能性がある。

 Bloombergの報道によると、人気VPNサービスのGreenVPNは現地時間7月1日以降サービスが利用できなくなると顧客に通知し、規制当局から運用を停止するよう命令を受けたと説明したという。同社だけではないようだ。記事では、人気の高い別のサービスであるSuperVPNもブロックされている可能性があると伝えている。

 中国の企業やスタートアップは、しばしばVPNを利用してFacebookやTwitterにアクセスし、顧客やファンと交流している。中国指導者層の人事が刷新される秋の中国共産党第19回全国代表大会に向けて、中国政府が取り締まりを続ければ、各社は近く西側の市場から締め出されることになるかもしれない。中国当局はこれに先立ち、「否定的な会話」をブロックするため、「微博」(Weibo)など国内のソーシャルメディアプラットフォームも規制した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集