logo
Indiegogo

“キツネ”でBABYMETAL再生--ノートPCのカメラでジェスチャー操作する「CozyTap」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鉄道での移動中やカフェでの休憩中など、使う場所を選ばず便利なノートPC。しかし、マウスポインタを多用する作業など、テキスト入力以外の操作は不得手だ。トラックパッドは使いにくいし、マウスは広い場所が必要なうえキーボードから手を離さないと使えない。

 そこで、キーボード上のジェスチャーでさまざまな操作を実行できるノートPC用デバイス「CozyTap」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。


キーボード上でジェスチャー操作を可能に(出典:CozyTap公式Facebookページ)

 CozyTapは、ノートPCの画面上部に取り付けて使うコンパクトなデバイス。システム要件にウェブカメラが挙げられているので、手指の動きを鏡かプリズム経由でカメラにとらえさせ、PC上のソフトウェアで画像処理してジェスチャーを判別しているのだろう。対応OSは、Windows 7/8/8.1/10、OS X、macOS。左右どちらの手でも使える。


手指の動きをとらえる(出典:CozyTap公式Facebookページ)

左右どちらの手でも(出典:Indiegogo)

 「Standard」と「Creative」という2モデルあり、いずれも親指を曲げるとジェスチャー操作可能な状態になる。そして、マウスの左右クリックやドラッグ、画面のズームやスクロールが、キーボードから手を離すことなく実行できる。


キーボードから手を離さずマウス操作など(出典:Indiegogo)

 さらに、Creativeは、自分でジェスチャーを決められる。例えば、両手でハート形を作ってハートマークを送信したり、キツネサインでBABYMETALを再生したり、といった操作が可能だ。


ジェスチャーでハートを(左上から時計回り、出典:Indiegogo)

キツネサインで「BABYMETAL」再生!(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は1万ドル。記事執筆時点(日本時間7月6日14時)でキャンペーン期間は20日残っているが、すでに目標を上回る約1万7000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集