logo

マイクロソフト、UWPアプリ作成ツール「Windows App Studio」を終了へ

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年07月04日 10時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:Stephen Brashear, Getty Images

 Microsoftがアプリ作成ツール「Windows App Studio」の提供を終了する。これに伴い、開発者に対し、新しい「Windows Template Studio」に移行するよう呼びかけている。

 Windows App Studioは、ビギナーの開発者が「Windows Phone」向けのアプリを一連のウェブベースのテンプレートを利用して簡単に作成できるようにすることを目的に、Microsoftが2013年に提供を開始したツールだ。目的の一つが登場まもないWindows Phoneのアプリ開発を促進することだったが、その後「Windows 10」にも拡大し、ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)アプリを簡単に作成できるツールとして位置付けていた。

 Windows Template Studioは無料でオープンソースとして公開されており、MicrosoftによるとWindows App Studioの「進化」版という。

 MicrosoftのWindows Apps Teamは、「コード生成エンジンと既存のウィザードから学んだことを生かして、Windows Template Studioではコード生成と開発者体験のための強力な基盤を提供する」と記している。

 Windows Template Studioは「Visual Studio 2017」の拡張機能で、開発プロセスを支援してくれるウィザードベースのUIを使って、開発者はUWPアプリを迅速に構築できる。MicrosoftはWindows Template Studioを5月にリリースしている。

 Microsoftによると、Windows App Studioは米国時間7月15日より、段階的に終了するという。7月15日には、既存のユーザーのみがサインインしてプロジェクトをダウンロードできるようになり、9月15日にはアプリケーションエディタが使用できなくなる。12月1日に完全に終了するため、その前にプロジェクトをダウンロードしておく必要がある。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集