logo

ソニー、ディープラーニングのコアライブラリを無償公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月27日、ディープラーニングのプログラム生成に利用するフレームワーク「コアライブラリ:Neural Network Libraries」をオープンソース化したと発表した。

 ディープラーニングは、人間の脳を模倣した「ニューラルネットワーク」を用いた機械学習手法のひとつ。従来の機械学習と比べて性能向上しやすく、画像認識や音声認識、機械翻訳、信号処理のほか、ロボット制御など広範囲で利用できる汎用性の高さも特徴となる。

 ディープラーニングを使ったプログラム開発には、ニューラルネットワークの設計が重要。画像認識や音声認識などに応じて最適なニューラルネットワークを構築し、試行錯誤を繰り返してニューラルネットワークを最適化することで製品・サービスに搭載できる。

 今回、オープンソース化したコアライブラリは、一連の開発工程を効率化するソフトウェアであり、「汎用的な実行環境」「高効率な開発環境」「多機能性」「高速動作」「簡易な機能追加」「簡易な新規ハードウェアへの移植機能」といった、ディープラーニングの研究開発に必要な要素を有している。また、NVIDIAのGPUに対応している。

 なお、コアライブラリをベースに開発したアプリとしては、「Xperiaシリーズ」に搭載されている統合型拡張現実感技術(SmartAR)を用いた、ARエフェクトを搭載したカメラアプリや、行動認識技術を採用したアプリ「Lifelog」、不動産売買の成約価格を高精度に推定する不動産価格推定エンジンなどがある。

 ソニーでは、今回の施策はAI環境整備の一環として実施。今後、多くの製品やサービスで人工知能の搭載による利便性の向上が期待されるなか、コアライブラリのオープンソース化を通じて、より幅広い開発者・研究者に活用してもらうことで、プログラムの進化を早めるとしている。

-PR-企画特集