logo

Facebook、プロフィール画像を保護するツールをインドでテスト導入

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年06月23日 08時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookでユーザーらが互いを見つけやすくするために、プロフィール写真は重要な手段であるとFacebookは捉えている。しかしインドでは、写真盗用を懸念して自分の写真をアップロードしたくないと考える女性が増えているという。

 Facebookは米国時間6月21日、写真の保護を強化する新機能をインドのユーザー向けに発表した。この機能を有効にすると、以下のようになる。

  • 他のユーザーが、あなたのプロフィール写真をダウンロード、共有、メッセージ送信できない
  • Facebookの友達ではないユーザーが、その当人も含め、あなたの写真に写っている人物にタグをつけることはできない
  • 可能な場合Facebookは、他人があなたのプロフィール写真のスクリーンショットをとることを防止する(現時点では「Android」端末のみで可能)
  • 「保護されていることを視覚的に示す」ために、あなたの写真の下にシールドアイコンが表示され、周囲には青い枠が表示される。

 Facebookによると、シールドや枠などのデザイン要素を追加することは、写真のコピーを防止する上で驚くほど高い効果があり、コピーされる回数は少なくとも75%減少するという。またFacebookは、ユーザーが自分のプロフィール写真に他の要素を簡単に追加できるようにする手段を検討していると述べている。

 Facebookのブログによると、インドでの結果に基づいて他の国にもこの取り組みを拡大する計画だという。

Facebook
提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集