クラウドワークスとオプト、クラウドワーカーを活用してAI開発

藤井涼 (編集部)2017年06月22日 15時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドワークスは6月20日、オプトグループのAI研究・ビッグデータ分析の専門組織「データサイエンス ラボ」と業務連携し、クラウドソーシングを活用したAI開発をワンストップで支援すると発表した。2020年までに100社のAI開発導入を目指す。

 この連携では、まずデータサイエンスラボが企業のAIを設計。次にクラウドワークスが提供するクラウドソーシング「クラウドワークス」に登録する140万人を超えるクラウドワーカーが、テキスト・画像・音声・動画などのビッグデータを収集して構造化し、開発に必要なデータを整備する。

サービスのイメージ
サービスのイメージ

 その後、データサイエンス ラボが提供するデータ分析コンテスト・プラットフォーム「DeepAnalytics」において、構造データをテーマにしたAIモデル開発コンテストを開催。約4000人のデータサイエンティストによって、高精度のAIモデルをスピーディに開発するとしている。AI導入後は、データサイエンス ラボが管理・運用を支援するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加