「iPad」開発のきっかけはジョブズ氏のMS幹部への“嫌悪感”--アップル元幹部が証言

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 長谷睦 (ガリレオ)2017年06月22日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの共同創業者であるSteve Jobs氏がとあるMicrosoft幹部への「嫌悪感」を持たなかったら、今ごろ「iPhone」は存在しなかったかもしれない。

 Appleのソフトウェア事業の元責任者で、初代iPhone向けに「iOS」を開発したScott Forstall氏は、米国時間6月20日、スタイラスとタブレット端末の計画について話をするMicrosoft幹部にJobs氏は耐えられなかったと発言した。

 スタイラスを嫌い、タッチスクリーンを指で使うことを好むことで知られたJobs氏は、そのMicrosoft幹部に不快感を覚えた。こうしてJobs氏とAppleは独自のタブレット端末の開発を開始し、これが結果的に「iPad」になったという。

 「iPhone自体が、かなりの回り道と言うべきものだった」と、Forstall氏は20日、カリフォルニア州マウンテンビューにあるコンピュータ歴史博物館のイベントで語った。「それ以前から、われわれはタブレットのプロジェクトに取り組んでいた。これは本当に変わった始まり方をしたプロジェクトで、Microsoftのある人物にSteve(Jobs氏)が嫌悪感を抱いたことがきっかけだった」と同氏は証言した。

 2012年10月にAppleを退社して以降、Forstall氏が公開の場で話をしたのは、このパネルディスカッションがほぼ初めてのケースにあたる。

 Forstall氏の話は、Walter Isaacson氏が書いた公式の伝記「スティーブ・ジョブズ」にJobs氏自身が語ったことを裏付けている。それによると、Jobs氏は「それについて彼(Microsoft幹部)が私に語ったのはこのディナーが10回目ではなかっただろうか。もううんざりした私は、帰宅すると『ク○食らえ。本当のタブレットはこれだというものを、あいつに見せてやろう』と言った」と語ったことが、この本では明かされている。詳細はDaily Mailの記事でも紹介されている。

 Appleが初代iPadを発表したのは、最初のiPhoneの発売から3年後にあたる2010年だった。しかし、実際にはタブレットの開発は携帯電話よりも先に始まっていたことになる。Forstall氏によると、同氏とJobs氏の話し合いを受けて方針変更が決まり、Appleは携帯電話の開発にシフトしたのだという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加