logo

乾電池型IoT製品「MaBeee」にクルマや電車の玩具向けアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノバルスは6月21日、円筒形電池型IoT「MaBeee(マビー)」において、車レース型玩具と電車型玩具に対応したスマートフォンアプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」の提供を開始したと発表した。


 MaBeeeは、Bluetooth でスマートフォンと連携し、電池の出力を制御できる単3形電池形状の製品。MaBeeeの中に市販の単4形電池を入れ、専用のスマートフォンアプリで操作する。

 今回提供を開始したMaBeee Racingは、車レース型玩具に特化したアプリ。異なった操作感や演出が楽しめる「デジタルパネルモード」「アナログパネルモード」の2つのモードを設け、マシンの秘められた可能性を追求する仕掛けが盛り込まれているという。そのひとつとして、一時的に最大パワーで加速するブーストボタンが各モードに搭載されている。

 デジタルパネルモードは、往年の名車のようなデジタルメーターを使ってコントロールできるモード。パワーメーターをタップすることで出力を変更でき、リニアな操作感が楽しめるという。


 アナログパネルモードは、実際のスポーツカーのようなメーターを模したアナログ表示のモード。タコメーターのようなリアルな針の挙動を再現。端末を前後に傾けることで出力を変更でき、マシンとの一体感を味わえる。


 MaBeee Trainは、電車型玩具に特化したアプリ。「マニュアルモード」「オートモード」「かたむきモード」の3つのモードが用意されている。これに加え、「アナウンスサウンド」や「ドア開閉サウンド」など、全モードで利用可能なオリジナルサウンドも複数用意されている。

 マニュアルモードは、画面上のレバーを操作することで出力をコントロールできるモード。実際の鉄道車両のマスター・コントローラー(マスコン)のように、レバーをコントロールして電車玩具を操作可能。


 オートモードは、子どもでも簡単に遊べるモードで、ボタン操作で出発や停止、パワー30、パワー60、パワーMAXなどのコントロールに対応する。


 かたむきモードは、スマートフォンを傾ける角度と出力が連動するコントロールモード。加速・減速が体感的に分かるため、走っている電車のスピードをリアルに感じることができるという。また、メーターにはわかりやすいデジタル表示を採用。微妙なスピードコントロールも容易だという。


-PR-企画特集