logo

ついに伝説のポケモンも--「Pokemon Go」大幅刷新で“ボス”に挑める協力プレイなど登場

藤井涼 (編集部)2017年06月19日 22時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 マップ画面の新たなジムの外観

 マップ画面の新たなジムの外観

(c)2017 Niantic, Inc. (c)2017 Pokemon. (c)1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 Nianticとポケモンは6月19日、位置情報ゲーム「Pokemon GO」において、「ジム」の新機能を公開。また、近日中に最大20人でボスに挑むことができる協力プレイ機能「レイドバトル」を導入することを発表した。

ジムバトルが進化した
ジムバトルが進化した (c)2017 Niantic, Inc. (c)2017 Pokemon. (c)1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 生まれ変わったジムでは、「ポケストップ」のようにフォトディスクを回してアイテムを手に入れられるようになったほか、ジムを訪れることでそれぞれの「ジムバッジ」を集められるようになった。なお、ポケストップにも新たに「輪」がつき、一度フォトディスクを回したことがあるポケストップの輪は外れる仕様になった。これにより、どのポケストップに訪れたことがあるかを一目で把握できる。ただし、これは今回の新機能が搭載されて以降に限られるので、それ以前に訪問した過去のポケストップはカウントされない。

 また、従来のジムにおけるジムレベルや名声、トレーニングなどの仕様を廃止。新たにポケモンを6匹まで配置できるスロットが定常で用意され、同じ種類のポケモンは配置できなくなった。ジムにバトルを挑んだチームは、そのジムに配置された順番で登場するポケモンとバトルする。

 さらに、ジムに配置されたポケモンには「やる気」という新要素が反映される。ジムに配置されたポケモンは、時間が経過したり、ジムバトルを重ねたりすることでやる気が低下。それにともないポケモンのCPも下がるため、相手チームはジムを攻略しやすくなる。やる気は、味方チームのプレイヤーがポケモンに「きのみ」を与えることで回復する。

最大20人の協力プレイで挑む「ボスポケモン」

 近日中にリリース予定の新しい協力プレイ機能であるレイドバトルは、一時的にジムで発生するゲーム内イベント。レイドバトルが始まるジムには巨大な「タマゴ」が出現し、カウントダウンタイマーが表示される。その時間がゼロになると光とともにタマゴから強大なボスポケモンが姿を現す。バトルには、所属するチームの枠を超えて1グループあたり最大20人のプレイヤーが同時に参加できる。

最大20人で協力プレイができる「レイドバトル」
最大20人で協力プレイができる「レイドバトル」 (c)2017 Niantic, Inc. (c)2017 Pokemon. (c)1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 ボスとして出現する強力なポケモンに勝利すると、ポケモンファンにはお馴染みの「わざマシン」などの新アイテムを手に入れたり、スペシャルモンスターボールでボスを捕まえたりすることができる。いい成績を残すほど、高いボーナスを得ることが可能。また、特定のジムなどで実績を積んだプレイヤーはスペシャルなレイドバトルのチケットを得ることができ、そこでは伝説のポケモンが登場する可能性があるという。

 レイドバトルに参加するには、ジムのフォトディスクを回転させることで、1日1枚入手できる新アイテム「レイドパス」が必要になる。ゲーム内のショップでポケコインとレイドパスを交換すれば、1日に何回でもレイドバトルに参加可能。友人や親しい人とともにレイドバトルに参加したい場合は、グループコードを入力して「プライベートグループ」を作成することもできる。

 Nianticによれば、6月時点でPokemon Goのアプリは7億5000万回以上ダウンロードされているという。同社ではサービス開始から1周年を記念した世界初のリアルイベント「Pokemon GO Fest シカゴ」を7月22日に米国シカゴのグランドパークで開催する予定。チケットは、6月20日午前2時から「PokemonGoLive.com/Chicago」で販売するという。

-PR-企画特集