logo

LINEで行政サービスの申請が可能に--内閣府と連携

山川晶之 (編集部)2017年06月15日 15時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは6月15日、同社が年に一度開催する大規模カンファレンス「LINE CONFERENCE 2017」において、内閣府と連携し、LINEと「マイナポータル」を組み合わせた子育て関連サービスを提供すると発表した。


LINE代表取締役社長CEOの出澤剛氏(左)と高市早苗総務大臣(右)

 マイナポータルは、「マイナンバー」を使うことで行政機関が持つユーザーの情報を確認したり、全国の行政サービスを検索して電子申請したりできるオンラインサービス。今回の連携により、公式アカウント「マイナちゃん」とのメッセージのやり取りを通し、全国の行政サービスを横断的に検索できるようになる。

 まずは、2017年秋ごろに子育て関連サービスを提供し、LINEとの連携は2017年中を予定している。居住地域や職場地域など、子育てサービスを探したいエリアをチャット上で検索し、一覧の中から任意のサービスを選択すると、電子申請用のURLを表示。URLをタップすると、LINEからマイナポータルにジャンプし、必要な申請の手続きが可能になる。申請時はLINEとは切り離されているため、名前やマイナンバーをLINEが取得することはないという。

 同カンファレンスに登壇した高市早苗総務大臣によると、もともとPC向けでの提供を想定していたという。「利用者目線で工夫した。家に帰ってきてPCを起動してマイナンバーカードをカードリーダーを使って読み取るというのは大変な作業。せっかくスタートするのであれば、スマートフォンからでも使えるようにしたかった」とし、「日本最大の6800万人のユーザーを抱えるLINEと組むことで、行政窓口をもっと身近な存在にしたい」と述べた。

-PR-企画特集