logo
Kickstarter

スマホ通話に環境音を流せる「Embi」--アリバイ作りにポチッとな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンの通話に好きな音をミキシングするBluetoothデバイス「Embi」が、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場した。悪い使い道しか思い浮かばないものの、せっかく見つけたので紹介しよう。


スマホ通話時の背景に音楽や環境音を流せる(出典:Kickstarter)

 Embiは、スマートフォンとBluetooth接続し、通話時の背景音として音楽や環境音を流せるアクセサリ。サイズが59×35×13mmと小さいので、キーホルダーに付けるなどして持ち歩き、いつでもどこでも活用できる。


常に持ち歩けるコンパクトさ(出典:Kickstarter)

 一度Bluetoothペアリングさせておけば、必要なときにスマートフォンと自動接続する。通話時には、Embiの3.5mmオーディオジャックにヘッドセットを接続し、4つあるボタンのどれかを押して希望する音を指定すれば、環境音などを重ねた音声を通話相手に届けられる。

 ボタンで選べる音は4種類だが、専用アプリで好きな音楽や50種類ある効果音が指定可能。ウェブサイトでは、300種類以上の音源がダウンロード提供されている。さらに、自分で録音した音をEmbiで使えるようにもできる。


多彩な音が選べる(出典:Kickstarter)

 用意されている環境音は、飛行機や交通渋滞、地下鉄、ドアの呼び鈴、掃除機、トイレの水を流す音、犬の吠える声、銃声、バー、アミューズメントパークなど多彩で、さまざまな状況の演出に使える。迷惑電話を体よく切ったり、アリバイ工作に悪用したりできそうだ。


マズイ、ボスからだ!交通渋滞の音をポチッとな。 「一体どこにいるんだ!」「渋滞にはまってて」 「しょうがないな。早く来いよ」。これでもう一眠り。 (出典:Kickstarter)

妻からなんだろう?「子どもを迎えに行ってくれない?」 「帰りに飲みたいんだけど……」。掃除機の音をポチッとな。「忙しくて手が離せないの!」 「分かったよ」。さぁ、もう1杯。 (出典:Kickstarter)

 内蔵バッテリにはUSBで充電する。スタンバイ時間は最大10日、通話時間は最大8時間。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間7月17日まで。目標金額の2万5000オーストラリアドルに対し、記事執筆時点(日本時間6月13日15時)で約1600オーストラリアドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと33日ある。

-PR-企画特集