logo

パナソニック「宅配ボックス実証実験」結果を報告--再配達率が49%から8%に減少

加納恵 (編集部)2017年06月08日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは6月8日、2016年11月に開始した「宅配ボックス実証実験」の最終結果報告を発表した。再配達率が49%から4ヶ月平均で8%に減少したという。


宅配ボックスモニター宅設置例

宅配ボックスモニター宅設置例

 宅配ボックス実証実験は、福井県あわら市に住む共働き世帯を対象に実施。モニターになる106世帯に12月1日~2017年3月31日の4カ月間、宅配ボックスを設置した。

 それによると、宅配ボックス設置により再配達率が49%から4ヶ月平均で8%に減少し、宅配業者の労働削減時間想定値は、222.9時間。1013回の再配達回数が削減できたとしている。



再配達率が49%から4ヶ月間平均で8%に減少

 宅配ボックスが稼動しなかった理由としては、「冷蔵・冷凍」、「大きすぎて入らなかった」などが挙げられた。

 パナソニックでは「繁忙期のみならず、約半年間にわたっての定点観測においても再配達率8%という劇的な結果が出たことにおいて、再配達解消の一つの商材であることが実証できたと考えている」とコメントしている。

 あわら市では今後、全国に先駆けて宅配ボックスの設置費用の一部を助成する補助制度を創設する。

-PR-企画特集