世界中のコスメ情報の集約へ--@cosmeのグローバルプラットフォーム化第1弾は台湾

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2017年06月07日 12時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイスタイルは6月7日、同社が運営する日本最大のコスメ・美容の総合サイト「@cosme」と、連結子会社である艾思網絡股份有限公司(本社:台北市)が運営する台湾最大級の化粧品クチコミサイト「UrCosme(ユアコスメ)」を統合すると発表した。

 それに伴い、今後はサイト上にUrCosmeのサービスロゴに加え、「@cosme TAIWAN」のサービスロゴを併記する。

 アイスタイルグループでは現在、世界中のコスメや美容に関する情報が集約された「Global Master Database」を核とした@cosmeのグローバルプラットフォーム化を推進している。

「Global Master Database」を核としたグローバルプラットフォーム化を推進
「Global Master Database」を核としたグローバルプラットフォーム化を推進

 世界中のユーザーが1つのUser IDで、好きな言語で各国の@cosmeを使えるほか、国ごとにローカライズされた店舗やECなどのビューティサービスを利用できる世界を目指すとしている。

 今回のサービス統合は、Global Master Database構築の第一歩だ。今後はUrCosmeの商品データやクチコミ、ユーザーデータベースと@cosmeの統合に向けて、タスクフォースを設立する。

UrCosmeと@cosmeのサービス統合へ
UrCosmeと@cosmeのサービス統合へ

台湾進出第3弾へ「@cosme store勤美誠品店」

 アイスタイルは、日本のコスメの人気が高い台湾との相性がいいとして、コスメセレクトショップ「@cosme store」にも力を入れている。

 同日、連結子会社であるistyle Retail(HongKong)を通じて、@cosme storeの台湾3号店「@cosme store 勤美誠品店」を6月30日に台中市でオープンことも発表している。


左:1号店オープン日の様子 右:3号店イメージ

 同社では、台湾店舗の1号店である「@cosme store 微風広場 台北駅店」を5月5日に、2号店の「@cosme store 微風信義店」を6月7日に台北市信義地区でオープンしている。

 アイスタイルによると、グループ会社のアイスタイルトレーディングが扱う、台湾初上陸のコスメは店頭在庫完売も続出するなど、想定以上の好評を得ているという。

 3号店でも、それらのコスメをはじめとする商品を取りそろえ、UrCosmeのランキングデータなどを活用したMDで、台湾の利用客向けの商品ラインアップの拡充に努めるとしている。

 あわせて、「人気商品が一目でわかるランキング棚」や自由にコスメを試せる買い物体験の提供など、引き続き@cosme storeの特徴を生かした売り場づくりをしていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加