logo

Uber、対グーグル「自動運転車訴訟」の“主役”を解雇

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2017年05月31日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberは、同社で自動運転車の取り組みを主導していた花形エンジニアのAnthony Levandowski氏を解雇した。

 Levandowski氏は、Uber対Waymoの激しい法廷闘争の中心人物だ。Googleの親会社Alphabetの自動運転車部門であるWaymoはこの訴訟で、元GoogleエンジニアのLevandowski氏が、無人自動車技術に関する「機密度が高い」ファイル1万4000点を盗んだとして告訴している。

UberのAnthony Levandowski氏
Uberに解雇されたAnthony Levandowski氏
提供:Getty Images

 Levandowski氏は訴訟に協力せず、米国憲法修正第5条の適用を申し立てた。修正第5条は、自己に不利益な供述を強要されない権利を認める条文だ。

 Uberの広報担当者は、Levandowski氏を解雇したことを認めた。同氏解雇のニュースはThe New York Timesがすでに報じていた。

 広報担当者は米国時間5月30日、UberはLevandowski氏に内部調査への協力を数カ月にわたり促していたと述べた。UberはLevandowski氏にこれに従う期限を設定したが、同氏は応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集