logo

アマゾンやグーグル対抗のスマートスピーカ「Essential Home」--ルービン氏が発表

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年05月31日 10時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android」の生みの親であるAndy Rubin氏が、関心を調理台とスマートホームに向けたようだ。同氏は米国時間5月30日、「Essential Phone」と併せて「Essential Home」を発表した。Essential Homeはカウンタートップ型のスマートスピーカで、「Amazon Echo」や「Google Home」と多くの共通点がある。

 Amazon EchoやGoogle Homeのように、Essential Homeもユーザーが声で指示することで、インターネットでの情報検索、音楽の再生、スマートホームの制御が可能になる。ただし、先行する2社のスマートスピーカとは異なり、Essential Homeは画面を備えており、音声制御に加えて、タッチ操作だけで制御することもできる。将来的にはEssential Homeの画面を見るだけでやり取りできるようになることが示唆されている。


シンプルなタッチスクリーン操作
提供:Essential

本質的な違い

 Essential Homeは、可能な限り多くのコマンドをローカルで処理することで、さらなる差別化を図ろうとしている。これに対し、Amazon EchoとGoogle Homeは完全にクラウドを通じて機能し、ユーザーのコマンドからデータを収集する。Essential Homeはまた、当初からプロアクティブ(先見的)な通知機能を備える。これは、AmazonとGoogleの競合製品ではまだ開発中の機能だ。

 Essential Homeによる通知の例を見る限り、ユーザーのカレンダーと連携して、地図や交通データも表示するようだ。道路が渋滞しそうな場合には、約束に間に合うよう早めに出かける必要があることを通知してくれる。

「Ambient OS」

Ambient OS
Ambient OS
提供:Essential

 これらすべての機能の中心にあるのは、Essential Homeの新たなOSであるAmbient OSだ。写真を見ると、若干Appleの「watchOS」に似ており、シンプルなインターフェースでさまざまなデバイスを制御する。Essential Homeははるかに多くの機能をうたっており、ブログ記事によると、Ambient OSは「ユーザーの自宅にアクセスするAPIで、単一のデバイスのリーチ範囲を拡大するアプリケーションを作成できる」という。

 リリース時に一般開発者向けキットが用意されるAmbient OSは、スマートホームをシームレスに制御することを目指しており、デバイス、人、状況を認識するものになる。おそらく、Essential Homeを使用してコネクテッド機器を制御する設定さえも不要だろう。Ambient OSは、新規および既存のデバイスと「自動で通信」し、セットアップを支援するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集