logo

グーグル、「YouTube TV」やカレンダーを家族と共有できる「ファミリー」機能

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2017年05月24日 10時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月23日、ユーザーが最大6人の家族と同社のサービスを共有できるようにする「ファミリー」機能を発表した。共有できるものには、「YouTube TV」やメモサービス「Google Keep」などのGoogleアプリが含まれる。

 YouTube TVは、ABC、FOX、NBC、CBS、および一部のケーブルネットワークが参加するライブテレビネットワーク。ファミリーグループを作成すると、家族のメンバーがYouTube TVをそれぞれストリーム視聴できるようになる(編集部注:米CNETはCBSの一部門であるCBS Interactiveによって運営されている)。月額35ドルで、家族のメンバーがそれぞれストレージ容量無制限のクラウドDVR(デジタルビデオレコーダー)を手に入れることができる。

 ただし、現在のところYouTube TVは、サンフランシスコのベイエリア、ニューヨーク市、シカゴを含む一部の地域でのみ利用できる。

「YouTube TV」を家族のメンバーがそれぞれストリーム視聴できるようになる。
「YouTube TV」を家族のメンバーがそれぞれストリーム視聴できるようになる。
提供:Google

 Google Keepでは、メモの内容を共有したり、共同作業したりできるようになる。これは買い物リストや雑用リストなどに役立ちそうだ。「Googleカレンダー」アプリで家族のカレンダーを共有すると、各自のスケジュールを調整しやすくなるだろう。「Googleフォト」でも、ファミリー機能を使うと写真や動画の共有が簡単になる。

 Googleは3月、「Android」デバイス上で保護者が子供のGoogleアカウントを作成できるようにする「ファミリーリンク」を米国でリリースした。それまで、12歳以下の子供は規則上、「Gmail」を使用したりYouTubeにコメントを書き込んだりすることを許可されていなかった。

 Googleにとって、子供を早い段階でつなぎ留めておくことはビジネスの役に立つ。それは、彼らが成長してもサービスを使い続ける可能性があることを意味するからだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集