logo

新型ワーム「EternalRocks」が発生--NSAの流出ツール7つを利用

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2017年05月23日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「EternalRocks」と呼ばれる新たなマルウェアが、米国時間5月21日に確認された。同マルウェアは、「Shadow Brokers」を名乗るグループが4月にリークした米国家安全保障局(NSA)の7つのエクスプロイトのうち7つを利用している。

 米国時間5月12日に発生したランサムウェア「WannaCry」は、世界中の病院、学校、企業など、15日時点で20万台を超えるコンピュータに感染した。同ランサムウェアは、Shadow Brokersが流出させたNSAの2種類のエクスプロイト「EternalBlue」「DOUBLEPULSAR」を利用している。その数日後には新しいマルウェア「Adylkuzz」が発見されたが、こちらは同じエクスプロイトを用いて感染し、暗号通貨「Monero」をマイニング(採掘)するボットネットを作り出すマルウェアだ。

 そして今回新たに見つかったのがEternalRocksだ。クロアチア政府のコンピュータ緊急事態対応チーム(CERT)に所属するサイバーセキュリティ専門家のMiroslav Stampar氏が当初、5月17日に雑多なサンプルを発見した。最も古いEternalRocksのサンプルは5月3日まで遡ると、Stampar氏はGitHubに公開した説明文に記している。

 EternalRocksは、EternalBlueとDOUBLEPULSARのほか、「EternalChampion」「EternalRomance」「EternalSynergy」「ArchiTouch」「SMBTouch」を利用しており、これら7つのツールはすべてShadow Brokersが盗み出したものだ。Stampar氏は自身のハニーポットに感染したEternalRocksの完全なサンプルを発見したという。ハニーポットとは、マルウェアをおびき寄せて監視するためのトラップだ。

 NSAから盗み出されたツールの大半は、「Windows」の「Server Message Block(SMB)」と呼ばれる、PCの標準的なファイル共有技術の脆弱性を突くもので、WannaCryが気づかれることなく急速に広まったのはそのためだ。Microsoftは3月にこれらの脆弱性を修正しているが、古いOSを搭載している多くのコンピュータが今なお危険な状態にある。

-PR-企画特集