logo

グリーの「釣り★スタVR」を体験--アドアーズで体験イベントを期間限定開催

佐藤和也 (編集部)2017年05月12日 16時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーは、「釣り★スタ」をテーマにしたVRコンテンツ「釣り★スタVR」を開発。5月13日から都内で開催される体験イベントに先立ち、メディア向けに公開した。

池袋にあるアドアーズサンシャイン店1階に設けられた体験スペース
池袋にあるアドアーズサンシャイン店1階に設けられた体験スペース

 釣り★スタは、釣りをテーマとしたモバイルゲームとして2007年5月24日にリリースされ、現在でも運営が続けられている。今回の釣り★スタVRは、サービス開始10周年を迎えた記念キャンペーンの一環として開発されたもの。

右側の女の子が「ナミ」。画像は体験会1位の参加者に付与される「VRナミの竿」
右側の女の子が「ナミ」。画像は体験会1位の参加者に付与される「VRナミの竿」

 サービス開始当初はフィーチャーフォンが主流だったが、そこからスマートフォンに進化したように、今回の釣りスタVRも進化が感じられる内容にしたという。釣り★スタの世界観をVR空間で再現した、6人同時で楽しめるVRコンテンツだ。またナビキャラクターの「ナミ」には、新たにボイスが搭載。「アイドルマスター ミリオンライブ!」の所恵美役などで知られる声優の藤井ゆきよさんが声を担当している。

 参加者はヘッドマウントディスプレイとヘッドホンを装着し、そしてサオに見立てたコントローラを手に持つ。このコントローラには、スティックにスマートフォンが装着されたもので、VR空間でのサオの動きを表現するとともに、ゲーム中でも魚を釣り上げるのに使用する。

  • スマートフォンを活用したヘッドマウントディスプレイとヘッドホンを装着

  • VR空間ではサオとして表示されるスティックには、こちらもスマートフォンが付けられている

  • 座ってプレイするのだが、その椅子はクーラーボックスというこだわりも

 VR空間内でサオを振ってウキを投げ、魚が近づいてウキが沈んだらサオを引き上げる。そうすると水面にバトルサークルが現れ、魚を示す丸印がサークルに入ったらサオに付いているデバイスをタップ。「PULL」の表示が出たら引き上げて魚を釣り上げるという流れ。釣った魚によってポイントが変化し、制限時間内にどれだけポイントを稼いだかによって順位が決まり、最後に上位のプレーヤーが表彰台で表彰されるという内容となっている。

  • VR空間内の様子

  • 釣った魚に応じてポイントが加算

  • 外ではプレイしている6人の様子がモニターに表示される

 内容としてはシンプルなもので、サオをどの程度振ったら反応するかという感覚がつかめると、より楽しくなってくる。また、実際の体験スペースでもVR空間でも、釣り場では6人が囲んだ状態でプレイする形となっており、みんな遊ぶという感覚が味わえるものとなっている。

 体験イベントは5月13日から21日までで、各日12時から20時までを予定。場所は池袋にあるアドアーズサンシャイン店1階と、渋谷にあるアドアーズ渋谷店1階の2カ所。プレイ料金は無料で、会場にあるフォトパネルでの撮影およびSNS(Facebook、Twitter、instagram)への投稿を参加条件としている。体験者には釣り★スタのゲーム内アイテムがプレゼントされるほか、退場の際に出口のモニター画面を撮影し、SNSへ投稿した参加者には、アドアーズの優待券もプレゼントするという。

-PR-企画特集