logo

トランプ氏が就任100日の成果をアピールする動画、評価は散々

Chris Matyszczyk (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2017年05月02日 11時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のDonald Trump大統領が、自ら「Loyalty Day」(忠誠の日)と宣言していた米国時間5月1日、再選を目指すキャンペーンの一環としてPR動画を公開した

 この30秒の動画は、Trump大統領が成し遂げた素晴らしい業績を誇らしげに宣伝する内容となっており、ナレーションによれば、就任後の100日間でこれほどの業績を達成した大統領は過去にいないという。

 50万人以上の雇用が創出され、非常に評価の高い最高裁判事が任命され、さまざまな規制が撤廃されたと、このPR動画は主張している。

 このような業績を並べ立てた後、CBS NewsのScott Pelley氏やABC NewsのGeorge Stephanopoulos氏といった著名なニュースアンカーの写真を表示し、その顔の上に「FAKE NEWS」(偽ニュース)という大きな文字をかぶせている(CBSは米CNETの親会社)。


PR動画の1コマ
提供:Chris Matyszczyk/CNET

 こうした偽ニュースのキャスターは、大統領がいかに米国を再び偉大な国にしたのかを報じていないと、この動画は主張しているようだ。

 このPR動画についてホワイトハウスにコメントを求めたが、回答は得られていない。The New York Timesの記事によれば、この動画を公開するために150万ドル以上の予算が費やされたという。

 この動画はすでにYouTubeで注目を集めており、1日朝の段階でトレンドチャートの第2位となっていた。

 だが残念ながら、この動画を「よくない」と評価した人が「よい」と評価した人の2倍以上いる。

 どうやら、まだすべての人が偉大さを感じているわけではないようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集