logo

平面駆動式に外音取り込み--春のヘッドフォン祭に見るトレンド - 2/12

加納恵 (編集部)2017年04月29日 21時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ヘッドフォン祭では6階チャペルで開催される恒例の新製品発表会。写真はWestoneの発表会の様子。4月に発表されたカスタムイヤホン「ES80」とアンビエント(開放)型カスタムシリーズ「EAS」(写真)を披露した。

 ES80は、高域×4、中域×2、低域×2のバランスドアーマチュアドライバを搭載したESシリーズのフラッグシップモデル。同社の「W80」がベースになっているが、単なるカスタムバージョンではなく、プロミュージシャンでの使用にも耐えるスペックになっているという。税込価格は19万8000円前後。

 EASシリーズは、バランスドアーマチュアドライバを3基搭載した「EAS30」(税込価格:11万8000円前後)、2基備えた「EAS20」(同:9万9800円前後)、1基のみの「EAS10」(同:6万9800円前後)の3つをラインアップ。独自の技術で外部の環境音を得ながら、リスニングができるとしている。
Scroll Right Scroll Left

 ヘッドフォン祭では6階チャペルで開催される恒例の新製品発表会。写真はWestoneの発表会の様子。4月に発表されたカスタムイヤホン「ES80」とアンビエント(開放)型カスタムシリーズ「EAS」(写真)を披露した。

 ES80は、高域×4、中域×2、低域×2のバランスドアーマチュアドライバを搭載したESシリーズのフラッグシップモデル。同社の「W80」がベースになっているが、単なるカスタムバージョンではなく、プロミュージシャンでの使用にも耐えるスペックになっているという。税込価格は19万8000円前後。

 EASシリーズは、バランスドアーマチュアドライバを3基搭載した「EAS30」(税込価格:11万8000円前後)、2基備えた「EAS20」(同:9万9800円前後)、1基のみの「EAS10」(同:6万9800円前後)の3つをラインアップ。独自の技術で外部の環境音を得ながら、リスニングができるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]