Wikipedia共同創設者も偽ニュース排除に本腰--新サイト「Wikitribune」を開設

Terry Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年04月25日 10時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Wikipediaの人気を高めた手法がオンラインの偽ニュース記事対策にも応用できるのではないかと、Jimmy Wales氏は期待している。

 Wikipediaの共同創設者であるWales氏は、新たなウェブサイト「Wikitribune」を開設した。Wikitribuneはプロのジャーナリストやコミュニティージャーナリスト、そのほかの貢献者がウェブ向けにファクトチェック(事実検証)済みの記事を作成するオープンコラボレーションだ。

Wikiepediaの共同創設者、Jimmy Wales氏
Wikiepediaの共同創設者、Jimmy Wales氏
提供:Bloomberg via Getty Images

 Wikitribuneは、Wikimedia Foundationが長年クラウドソーシングで提供している無料ニュースサイト「Wikinews」とは別のサイトになるようだ。Wikitriubneのページでは、ジャーナリストを採用するためにクラウドファンディングキャンペーンで資金を募っている。

 Wales氏は以前より、ジャーナリズムの透明性向上を訴えている。WikipediaおよびWikimedia Foundationから独立した存在であるWikitribuneは、完全な文字起こしと動画、音声を含むコンテンツの提供を目指している。英語で書かれ、無料で提供される最初の記事がいつ公開されるのかは明らかになっていない。

 この取り組みの背景には、特に論争を巻き起こした2016年の米国大統領選挙で、偽ニュースがオンラインで大きな話題になったことがある。

 Wales氏は声明でWikitribuneについて、「人民による、人民のための」ニュースになるとした。

 「プロのジャーナリストと市民ジャーナリストが対等な存在として一緒に作業し、リアルタイムで記事を執筆し、進展に応じてリアルタイムで編集を加えていく。そして、あらゆる事実の検証と再検証をするコミュニティーが彼らを常時支援する。こうした手法が実行されるのは、初めてのことだ」(同氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加