グーグル、手描きイラストをプロの作品に変えるAIツール「AutoDraw」公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メモやカードを渡す際に絵を添えると、メッセージや気持ちが伝わりやすくなるが、そんな絵をさらっと描くにはかなりの絵心が必要。しかし、Googleが提供開始した、機械学習ベースのお絵描き支援ツール「AutoDraw」を使えば、誰でも素早く素敵な絵が描ける。


機械学習ベースのお絵描き支援ツール(出典:Google)

 AutoDrawは、PCやスマートフォン、タブレットから無料で利用可能な、ウェブベースのオンラインツール。画面上のキャンバスに、マウスなどを使って線を描いたり、文字を入力したり、色を塗ったりできる。

 さらに、バックグラウンドで作動している機械学習システムが描いているものを推測し、それに該当するプロのイラストレーターなどによる作品を提案してくれる。そのため、落書きレベルの絵から、候補を選ぶだけで適切な完成度の高いイラストが作れてしまうのだ。完成したイラストはダウンロードやシェアが可能なので、誕生日祝いのカードやパーティの招待状などに使うとよいだろう。

手書きイラストから何を描いているか推測(出典:Google) 手書きイラストから何を描いているか推測(出典:Google)

 また、自信作が完成したら、それを登録することもできる。


絵心がないと真っ白いキャンバスが怖いけれど、AutoDrawが助けてくれる(出典:Google、赤の注記は筆者による)

描き進めると、次第に候補が絞り込まれてくる(出典:Google、赤の注記は筆者による)

黄色で塗り始めた時点で、線を黒にすれば良かったと気付く(出典:Google、赤の注記は筆者による)

誰が見てもトラ(出典:Google)

 なお、AutoDrawはGoogleの実験的な人工知能(AI)プロジェクト「A.I. Experiments」で公開されていた「Quick, Draw!」と同じ技術を利用して、描かれている絵が何かを推測している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加