logo

楽天と日本郵便、再配達削減で連携--1回の受取でポイント付与も

山川晶之 (編集部)2017年04月05日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天と日本郵便は4月5日、EC物流における不在再配達の削減に向けた連携を強化すると発表した。配送・受取の効率化などさまざまな施策を検討する。

 両社はこれまでも、ゆうパックを受け取れる宅配ロッカー「はこぽす」やコンビニエンスストア、楽天が提供する商品受取ロッカー「楽天BOX」など、「楽天市場」で購入した商品の受取負担を減らすための施策を試行・検討している。しかし、宅配に占める不在再配達の比率は依然として高く、EC物流における共通課題となっている。

 今回の連携強化により、ユーザーが商品を一度で受け取れるようなラストワンマイル配送サービスの仕組みの整備や施策を検討。拠点受取サービスの拡充(コンビニエンスストア、郵便局、はこぽす、楽天BOXでの受取)、指定場所配達サービスの実施、通知サービスの充実のほか、1回で受け取った際の楽天スーパーポイントの付与などを想定しているという。

 こうした施策推進のため、楽天市場の出店店舗向けに共同で営業し、特別運賃の提供も開始する。両社は今後も、EC物流の効率化に取り組むとしている。

-PR-企画特集