logo
Kickstarter

テーブル表面がUIになる「Welle」--なぞるジェスチャーでスマートに操作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンやさまざまな機器をユニークな方法で操るスマートUIデバイスとして、以前「Knocki」を取り上げた。テーブルなどの表面をノックすると操作できるのだが、ノックの回数やパターンで機能を指定するため、実行可能な機能の種類が限られ、使い方も覚えにくい。

 そこで、多くの機能を使い分けしやすく覚えやすい、ジェスチャー方式のスマートUIデバイス「Welle」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


テーブルがジェスチャー方式スマートUIになる(出典:Welle公式Facebookページ)

 Welleは、テーブルや壁といった平らな物の表面をなぞるように指でジェスチャーし、スマートフォンなどを操作するためのデバイス。サイズ75×35×17mm、重さ28gと小型軽量なので、家庭や職場など、好きな場所でタッチUIを使えるようにできる。


家庭や職場など、好きな場所をタッチUI化(出典:Kickstarter)
ジェスチャーでコーヒーを淹れる(出典:Kickstarter) ジェスチャーでコーヒーを淹れる(出典:Kickstarter)

 指の動きは、超音波パルスで検知する。そのため、テーブルなどの材質に影響を受けることがない。ジェスチャー検知可能なエリアは、Welleの正面から10cm離れたA4サイズほどの領域。


指の動きは超音波パルスで検知(出典:Kickstarter)

 使用するには、専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetooth接続させ、各種設定を施すだけ。これで、スマートフォンのほか、照明やテレビ、ホームシステム、スマート家電などが、ジェスチャーでコントロールできる。


ジェスチャーだけでなく、文字や数字も(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間5月12日まで。記事執筆時点(日本時間4月4日17時)でキャンペーン期間は38日残っているが、すでに目標金額2万ドルの2倍近い約3万8000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集