スタートアップの“W杯”で日本代表のユニファが優勝--世界16地域が参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェノックス・ベンチャーキャピタル・ジャパンは3月26日、「Startup World Cup 2017」において、日本代表のユニファが優勝したと発表した。

優勝したユニファ
優勝したユニファ

 Startup World Cup 2017は、世界16地域のスタートアップ企業が優勝賞金100万ドルをかけて競う、Fenox Venture Capital主催のスタートアップピッチコンテスト。米国、日本、英国、台湾、中国、韓国、インド、インドネシア、オーストラリア、ルクセンブルグ、チェコ、チリ、南アフリカの各国で予選を実施。

 日本では、100社の応募から最終的に10社を選出。その中から、「Childcare Industry」として、園児の見守りロボットや保育士の事務作業を軽減するタブレットソリューションなど、保育業のデジタル化を支援するユニファが日本代表として選出された。

 優勝したユニファは、賞金として100万ドルの投資を獲得。そのほか、世界中の投資家、ベンチャーキャピタル、大手企業とのコネクションをもとに、世界進出に向けた足がかりを掴むきっかけになるという。フェノックスでは、ユニファの優勝で世界から日本のスタートアップ業界が注目を浴びる追い風になってほしいとしている。

「Startup World Cup 2017」
「Startup World Cup 2017」

 ユニファ代表取締役の土岐泰之氏は、「日本のスタートアップを代表してこれだけ多くの世界的な投資家の前でプレゼンし、アピールできたことに大変感謝している。この場をきっかけに、将来的な海外展開を視野に入れて事業活動に邁進したい」とコメントしている。

 なお、2018年の開催もすでに計画を予定しており、今回の倍となる32地域で展開する予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加