Kickstarter

Chromecast対応ストリーミングラジオ受信機「Mondo+」--Google Assistantで操作も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラジオというと、放送電波を受信する本来のラジオでなく、今やインターネットを介してPCやスマートフォンで聴くストリーミングラジオの方が一般的かもしれない。そんな時代には、現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中の、「Chromecast」などに対応したストリーミングラジオ受信機「Mondo+」が最適だ。


Chromecast対応のストリーミングラジオ受信機(出典:Kickstarter)

 Mondo+は、無線LAN(Wi-Fi)でインターネットに接続し、3万局以上のインターネットラジオ放送を聴取できるデバイス。さらに、Googleのストリーミング技術Chromecastに対応しており、「Google Play Music」「YouTube Music」のほか、「Spotify」「Pandra」などさまざまなストリーミングサービスの音声を流せる。スマートフォンなどからの音声をBluetooth経由で出すこともできる。


Googleのストリーミング技術Chromecastに対応(出典:Kickstarter)

多彩なサービスの音声を流せる(出典:Kickstarter)

 Chromecastのマルチルーム機能もサポート。Mondo+同士やほかのChromecast対応デバイスを同じグループに設定しておくと、複数のデバイスから同時に同じ音楽を流せる。


マルチルーム機能で同時に同じ音楽を(出典:Kickstarter)

 操作は、本体正面に設けられた昔ながらのラジオ風コンソールのほか、付属リモコン、スマートフォン用アプリでできる。さらに、対話型AIアシスタント「Google Assistant」にも対応しており、「Google Home」などを通じて音声コマンドでもMondo+を使える。例えば、「Ok Google, play XYZ to Mondo」と話しかければXYZをストリーミング再生し、「Ok Google, next track」と命令すれば次の曲の頭出しができる。

 背面にはUSBポートを備え、USBメモリに保存したMP3やAACなどの音楽ファイルを再生することも可能。AUXジャックに接続したオーディオ機器の音も鳴らせる。逆に、ヘッドホンやほかのオーディオ機器への音声出力もできる。

 アラーム機能を備えており、お気に入りのストリーミングラジオ放送で目覚める、といった生活にも便利だ。アラームの設定は、毎日、ウィークデイ、週末など多彩な設定が可能で、曜日によって起床時間が変化する場合にも対応している。


アラーム機能も搭載(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間3月31日まで。目標金額の5万ドルに対し、記事執筆時点(日本時間3月15日18時)で約4万8000ドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと16日ある。

ビデオ(出典:Kickstarter)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加