logo

ビクターブランド復活へ--JVCケンウッドが「JK3.0」で挑むブランド戦略 - 6/9

加納恵 (編集部)2017年03月15日 12時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 家庭用ビデオカメラの初号機「GR-C1」。1984年に登場し、当時の価格は28万8000円(大卒初任給は13万5800円)。VHSビデオデッキと高性能カラービデオカメラを一体化としたという。重量は1.9kgで、当時の世界最軽量モデル。
Scroll Right Scroll Left

 家庭用ビデオカメラの初号機「GR-C1」。1984年に登場し、当時の価格は28万8000円(大卒初任給は13万5800円)。VHSビデオデッキと高性能カラービデオカメラを一体化としたという。重量は1.9kgで、当時の世界最軽量モデル。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]