logo

セガ、バーチャロン新作を2018年発売--「とある魔術の禁書目録」とのコラボタイトル

佐藤和也 (編集部)2017年03月14日 11時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガゲームスは、PS4とPS Vita向けの新作タイトルとして、「バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機」を発売する。発売時期は2018年を予定しており、価格は未定。

  • 「バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機」ティザービジュアル

    (C)SEGA CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME (C)2017 鎌池和馬 キャラクターデザイン・原作イラスト/はいむらきよたか Licensed by KADOKAWA CORPORATION ASCII MEDIA WORKS

 本作は、巨大ロボット(バーチャロイド)による対戦型バトルアクションゲーム「電脳戦機バーチャロン」シリーズと、鎌池和馬氏が電撃文庫で展開する学園異能バトルをテーマにした小説「とある魔術の禁書目録」シリーズとのコラボレーションタイトル。電脳戦機バーチャロンシリーズとしては15年ぶりの完全新作となっている。

 このコラボタイトルは、2016年5月に電撃文庫から発刊された小説「とある魔術の電脳戦機」をきっかけに始動したプロジェクト。この小説は当時生誕20周年を迎えた電脳戦機バーチャロンと、とある魔術の禁書目録が初めてコラボレーションした作品で、「禁書」シリーズの世界観の中に電脳戦機バーチャロンが競技として登場。キャラクターたちがバーチャロイドを操縦して競技に参加する内容となっている。

 ゲーム版では、小説版で登場人物たちがプレイするバーチャロンを実際にゲーム化したもの。ゲームでは、主人公の上条当麻やインデックス、一方通行(アクセラレータ)、御坂美琴といった禁書シリーズおなじみのキャラクターがバーチャロイドに搭乗し、学園都市を舞台にバトルを展開する。そして登場人物たちの特徴でもあるさまざまな特殊能力が、バーチャロイドに搭乗することで増幅され、新たな戦闘メソッドとしてシステム化されている点が大きな魅力とうたっている。

-PR-企画特集