logo

米ヤフー、新会社AltabaのCEOを決定--メイヤー氏の退職金は2300万ドル

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 高橋朋子 (ガリレオ)2017年03月14日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooは米国時間3月13日、Verizonへの事業売却の完了をもって最高経営責任者(CEO)のMarissa Mayer氏が退任、その後Altabaと名称を改め、Alibabaと日本のヤフーの株式を保有する新会社はThomas McInerney氏が引き継ぐことを明らかにした。

米ヤフーCEOのMarissa Mayer氏
米ヤフーCEOのMarissa Mayer氏
提供:JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images

 米Yahooが米証券取引委員会(SEC)へ提出した書類によると、Mayer氏は、現金300万ドルと現行市場価格で約2000万ドル相当の株式、合わせて2300万ドル相当の退職金を受け取ることになる。Mayer氏とYahooの最高財務責任者(CFO)Kenneth Goldman氏は、いずれも事業売却が完了するまで経営の指揮を執る。

 総額44億8000万ドルの事業売却は、2017年6月までに完了する見通しだ。新CEOとなるMcInerney氏は、2012年からYahooの取締役に名を連ね、最近ではIACのCFOを務めていた。

 Yahooの中核事業のみを買収するVerizonに、Mayer氏が今後どのような形で関わるのかは不明だ。Yahooが大規模ハッキング攻撃を受けたことを理由に、Verizonは買収価格から9億2500万ドルを減額するよう求めていたが、最終的には3億5000万ドルの値引きで合意した。

 Mayer氏は、売却後にVerizonに雇用されなかった場合に、前述の退職金を受け取ることになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集