logo

NVIDIA、Pascal搭載で性能2倍の「Jetson TX2」--組み込みAIを促進

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年03月09日 08時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは、「Pascal」をベースとするチップセットを次々とリリースしている。この最新世代のNVIDIA製品に、組み込みプラットフォーム「Jetson TX2」が正式に加わることになった。

 Jetson TX2は、PascalアーキテクチャベースのGPU、「Nvidia Denver 2」「A57」CPU、58.3Gbpsの伝送速度を達成する8Gバイトのメモリ、そして32GバイトのeMMcフラッシュストレージを搭載する。

 カメラ処理レーンの数がTX1の2倍になっており、処理パイプラインで2本の4K動画ストリームが処理可能だ。サイズは、TX1と同じ50mm×87mm。

 高性能モードで実行すれば、TX1の2倍の性能が得られ、省電力モードで実行すれば、TX1の2倍のエネルギー効率が得られる。

 「Jetson TX2は、エッジ側に強力なAI機能をもたらし、新しいクラスのインテリジェントマシンを実現する」と、NVIDIAの「Tegra」担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるDeepu Talla氏は発表の中で述べている。

 Jetson TX2モジュールは第2四半期にリリース予定で、価格は1000個以上発注する場合で1個あたり399ドル。

 Jetson TX2の開発キットは現在、米国と欧州で599ドルで予約注文できる。その他の地域では、数週間以内に提供が開始される予定だ。

 NVIDIAは、「Jetpack」SDKのアップデートも発表した。Linux 4.4カーネルを使用し、マルチメディアAPIがバージョン27.1に更新されたという。


提供:NVIDIA

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集