logo

LINE、AIプラットフォーム「Clova」を発表--スマートスピーカを夏に発売へ

藤井涼 (編集部)2017年03月02日 01時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは3月2日、クラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を発表した。韓国NAVERとの共同開発プロジェクトとして研究開発を進めているという。

 Clovaを搭載した製品として、アプリ「Clova App」と、初の同社デバイスとなるスマートスピーカ「WAVE(ウェーブ)」を、初夏に日本と韓国で発売する予定。話かけると音声で会話をしたり、ニュースや天気、コマースなどのサービスを利用できるほか、音声で家の電気のオンオフなどができるホームコントールなども可能にする予定。アジア地域を始め、LINEが事業を展開する各国に順次提供していくという。2017年冬には、スマートディスプレイ「FACE(フェース)」も提供する予定。

スマートスピーカ「WAVE(ウェーブ)」
スマートスピーカ「WAVE(ウェーブ)」
スマートディスプレイ「FACE(フェース)」
スマートディスプレイ「FACE(フェース)」

 LINEでは、Clovaの発表に併せて、ソニーモバイルコミュニケーションズやタカラトミー、バーチャルホームロボット「Gatebox」を展開するウィンクルなどの企業との提供を発表した。また、ウィンクルは連結子会社化することも明らかにした。

AIプラットフォーム「Clova」とは何か

 同社によれば、Clovaの中核は「Clova Interface」と「Clova Brain」の2つで構成されているという。人間の五感にあたるものがClova Interfaceであり、その中の耳と口にあたるものが、音声合成をするClova Voice、また画像認識や顔認識などをするのがClova Visionだという。今後はその他の五感にも対応する予定。

「Clova」の仕組み

 Clovaにとって頭脳となるシステムであるClova Brainは、NLU(Natural Language Understanding/自然言語理解)や、Dialog Managerなどで構成される「Clova Conversation」を中心に、より自然な言語翻訳処理ができるNMT(Neural Machine Translation)、ドキュメントやコンテンツなどを推薦するRecommendation Engineなどで構成されるという。

 さらに、Clovaとデバイスやアプリをつなぐための「Clova Interface Connect」、Clovaとコンテンツやサービスをつなぎ、Clova Brainの機能を拡張していくための「Clova Extension kit」によって、プラットフォームを構成しているとのこと。

「Clova」の仕組み

 音声認識などのInterfaceと、コンテンツやサービスをCloud上で単に結びつけるのではなく、Clova Brain自体で、そこにつながるコンテンツやサービスを最適化していくことを重要視するという。これにより、デバイスやインターフェース、コンテンツ、サービスまで最適化された一貫したユーザー体験を提供できるようになるとしている。

 同社では、Clova Interface Connectとつながるデバイスやアプリについて、まずは自社開発のものから開始し、次にパートナーとの共同開発、さらにサードパーティへと開放していく予定。また、Clova Extension kitとつながるコンテンツやサービスについても、まず、「Built in Contents/Service」として、LINEやNAVERが提供する自社サービスから開始するという。

-PR-企画特集