logo
Androidアプリレビュー

手動調整も可能、縦長のページを1枚の画像で保存できる「LongShot for long screenshot」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:LongShot for long screenshot
バージョン:0.88
金額:無料(2017年3月4日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:Leav Jenn
使用端末:Nexus 6P
おすすめ度:★★★★★

 「LongShot for long screenshot」は、縦長のページを1枚の画像で保存できるアプリだ。自動保存モードのほか手動合成モードを備えているため、自動保存ではうまく取得できないウェブページや、ブラウザ以外のアプリについて、縦長のページのスクリーンショットを1枚の画像として得たい場合に重宝する。

 本アプリは2つのモードを備えている。ひとつはウェブページのスクロールキャプチャを行う機能で、URLを入力したのち開始位置と終了位置を指定することで、ウェブページの対象範囲を、1枚の画像で自動的に保存してくれる。保存した画像は共有することで、メールなどに添付して送ったり、オンラインストレージなどに保存できる。

  • ホーム画面。単純にウェブページをキャプチャしたいだけであれば中段の「CAPTURE WEB PAGE」を、ウェブページ以外の上下に長い画面を合成したい場合は上段の「CAPTURE SCREENSHOT」を選択する

  • ホーム画面中段の「CAPTURE WEB PAGE」を選択した場合は、URLを入力し、ウェブページが表示された状態で、開始位置(青のボタン)と終了位置(オレンジのボタン)を手動で指定する

  • 指定した範囲のスクロールキャプチャが完了した。フォーマットはPNG形式

 上記だけであれば同種のアプリでもとくに珍しくない機能なのだが、本アプリはもうひとつ、スクリーンショット画像を手動で連結するためのモードも備えている。このモードでは、1枚単位で取得した複数のスクリーンショットを重ね合わせ、ピクセル単位で位置を調整することで、最適化された1枚のスクリーンショットを生成できる。

  • ホーム画面上段の「CAPTURE SCREENSHOT」を選択した場合は、スクロールキャプチャを取得したい任意のアプリに切り替えたのち、オーバーレイ表示されている「Start」ボタンをタップ

  • 画面の指示に従って1画面ずつ手動でスクロールさせ、最後まで来たところで「Done」ボタンをタップする

  • 取得したスクリーンショットが1枚単位で表示された。重複するものや不要なものを取り除いたのち右下の「Join」をタップ

  • スクリーンショットが上下に連結した状態で表示された。この時点では重複する箇所もそのまま表示されているので「Adjust」をタップして位置調整を行う

  • 画像を指先で動かすか、もしくは画面上下にあるボタンを使って1pxまたは10px単位で位置を調整する

  • 重複している部分がきれいに重なったら右上の「DONE」をタップ。これをそれぞれの連結箇所に対して繰り返す

  • 指定した範囲のスクロールキャプチャが完了した。うまくいかなかった場合はホーム画面に戻って「SELECT IMAGES」で画像を選ぶところからやり直すとよい

 この仕組みは、一見すると手間がかかるように思えるが、自動保存ではうまく取得できないウェブページや、あるいはブラウザ以外のアプリで、上下に長いページを1枚の画像で保存したい場合、極めて有効な方法だ。1ピクセルだけ上下に移動させるボタンも用意されているので操作も容易で、画像処理ソフトに書き出してから作業しなくとも、本アプリだけで簡単に連結画像が作れてしまう。

 通常であれば、この2つの方式は別々のアプリで提供されているわけだが、本アプリは両方をサポートすることで全方位的なスクロールキャプチャを可能にしており、オールインワンなスクロールキャプチャアプリとして、利便性は非常に高い。なお画面に表示されているバナー広告は200円のアプリ内課金で除去できるので、使ってみて気に入ったら課金して領域を広く使えるようにすることをおすすめする。

>>「LongShot for long screenshot」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集