logo

NHK、天気予報を手話CGで--検証サイト開設で精度向上目指す

加納恵 (編集部)2017年02月21日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKは2月20日、気象情報の手話CGを自動生成するシステムを開発し、そのわかりやすさなどを評価できるサイト「気象情報手話CG検証サイト」を開設した。


評価ページ

 これは気象庁から発表される電文をもとに、手話CG動画を自動生成し、関東7都県の気象情報を5時、11時、17時の1日3回自動生成するというもの。

 CGは、手話通訳士の動作をモーションキャプチャで記録し、基本的な手話動作や表情などをあらかじめ用意。聴覚に障害がある人や手話通訳士の意見を参考に作成した天気予報の手話表現をベースに、気象庁から発表される「晴れ」「10度」などの日々変化する天気や気温のデータと基本動作を表すCGを組み合わせることで、手話CGの動画を自動的に生成する。

 今後は対象地域の拡大や緊急時の警報などの提供も検討し、人にやさしい放送技術の研究を進めていくとしている。

-PR-企画特集