キヤノン、「区間スロー&ファスト」機能搭載のHDビデオカメラ2機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは2月20日、「区間スロー&ファスト」機能を搭載したHDビデオカメラ「iVIS HF R82」(税別価格:4万5880円)および「iVIS HF R800」(同:2万7760円)の2機種を、2月23日よりキヤノンオンラインショップで発売すると発表した。

  • 「iVIS HF R82」

  • 「iVIS HF R800」

 2機種とも、撮影中に任意のタイミングで、特定の部分を1/2倍速や2倍速にワンタッチで切り替えできる、区間スロー&ファスト機能を搭載。運動会のシーンをスロー撮影したり、ペットの動きを2倍速で撮影したりするなど、印象的な映像撮影を楽しめる。

 撮影前に設定をする、常時の「スロー&ファストモーション」機能は、従来機種の設定値である120倍速と1200倍速の間に、300倍速と600倍速を追加。300倍速は5時間分を1分、600倍速は10時間分を1分で再生する。

 光学32倍ズームレンズを搭載し、撮像素子の有効エリアの活用した最大57倍の「アドバンストズーム」により、広角から望遠まで、高画質な撮影が可能。「CMOS センサー」と「DIGIC DV 4」を搭載し、暗いシーンでもノイズを抑えた撮影が可能だ。

 撮影状況に応じた自動ブレ制御の「マルチシーン IS」を搭載し、「ダイナミックモード」では、回転軸、水平回転軸、縦回転軸、上下、左右の5軸方向のブレを補正。歩きながらの撮影でも、手ブレによる画像の揺れやゆがみを軽減する。

 階調性、色再現性、鮮鋭感を高める記録モード「高輝度優先」を搭載し、雲の立体感や水の透明感など質感表現が向上。逆光のシーンでも、カメラが自動で明るさを補正する機能を搭載した。

 iVIS HF R82のみNFCやWi-Fiに対応し、「Camera Connect」アプリを使えば、本機で撮影した映像を、スマートフォンなどの携帯端末に保存することが可能。インターネット経由で、リアルタイムの撮影映像も確認できるので、自宅のペットを外出先からモニタリングすることも可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加