SME、VRコンテンツ制作のハシラスと提携--キャラクター活用の体験型VRを展開へ

佐藤和也 (編集部)2017年02月14日 17時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は2月14日、VRコンテンツ制作会社のハシラスと、資本提携ならびに包括的業務提携を締結したと発表した。

 ハシラスは、サンシャイン60展望台に設置している「TOKYO弾丸フライト」や、渋谷にあるVR施設「VR PARK TOKYO」に設置されている「ソロモンカーペットVR」など、身体運動を伴う体験型VRコンテンツの制作を手がけている。

 今回の資本・業務提携により、SMEが保有するアニメや音楽、キャラクターなどのIPを活用するなどして新たなVRコンテンツを制作していくという。また、日本国内だけではなく海外展開も視野に入れ、ヘッドマウントディスプレイによるVR映像と、乗り物などのアトラクション設備機器を連動させたVRエンタテインメント「Location Based VR」の市場拡大を目指すとしている。

 また、3月12~14日の期間、米国テキサス州オースティンで開催されるクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW 2017」において、VR空間の中で宝探しをする新コンセプトのアトラクション「ゴールドラッシュ VR」の展示も行うという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加