logo

毎月の請求をクレカやデビットカードから自動で引き落とし--Squareが新機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Squareは2月9日、顧客に対して毎月の請求を「カード自動引き落とし」できる機能を発表した。

カード自動引き落とし機能を追加
カード自動引き落とし機能を追加

 同機能は、カード情報の保存に同意した顧客に対して、クレジットカードまたは、デビットカード経由の自動引き落としを可能とするもの。都度課金や継続課金にも利用できるという。引き落としの決済手数料は、業種や事業規模に関係なく3.75%。入金サイクルも最短翌営業日となる。

 継続課金は、定期的に請求が発生する習い事の月謝や家賃、団体メンバーシップの月会費の請求などに利用可能。都度課金は、小売店や飲食店などで、ひいきの客に財布を持たずにショッピングや食事を楽しんでもらう“VIP待遇”を提供する際に利用できる。

 保存された顧客情報は、クレジットカード業界標準のセキュリティ基準PCI-DSSを満たしたSquareのシステムに保存。「Square POSレジ」をインストールしたスマートフォンやタブレット端末に個人情報が残ることはなく、加盟店は安心して顧客の情報を預かることができる。

 Squareでは、クレジットカード決済やPOSレジだけでなく、在庫管理や売上分析、顧客管理、従業員の勤怠管理などを、一つのプラットフォームで提供。各ツールすべて連携しているため、一つのアカウントでシームレスに利用できる。今回の機能についても、無料の顧客管理ツール「顧客リスト」とメール経由でクレジットカード決済できるクラウド請求書サービス「Square 請求書」で設定可能。

Squareのプロダクト群
Squareのプロダクト群

 従来、事業者がクレジットカードの自動引き落としを利用するには、複数の書類手続きが必要だったほか、決済手数料と入金サイクルも個人事業主や中小企業には大きな負担となり、事業規模の小さな経営者にとっては現実的な決済手段ではなかったという。

-PR-企画特集