logo

「iOS 10.3」ベータの便利な新機能4選--「AirPods」を探す機能など

Vanessa Hand Orellana (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2017年02月02日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleから「iOS」最新バージョンの最初のパブリックベータが公開され、「iPhone」「iPad」「iPod」に間もなく搭載される新機能を垣間見ることができた。

 うわさされていた「シアターモード」は、残念ながら今回のベータ版には搭載されていない。BGRApple InsiderMacworldなど複数のApple情報サイトによると、暗い場所でも見やすいように、画面の色を落とす画面モードが新たに採用される予定だという。

 iOS 10.3のパブリックベータで実際に採用された機能の一部を見ていこう。

1. Apple IDプロフィールセクションの追加

 設定メニューの最上部に新しいプロフィールセクションが追加され、自分のすべてのアカウント情報を見られるようになる。

 プロフィールをタップすると、「iCloud」「iTunes」「App Store」「ファミリー共有」の情報を1カ所で見ることができ、下にスクロールすると、これらのアカウントにリンクされている全Appleデバイスのリストが表示される。

 こうしたデバイスがどこにあるかを調べるには、やはりiPhoneやウェブブラウザで「iPhoneを探す」アプリにログインする必要があるが、設定メニューを進んでいって各アカウントにアクセスする手間は省けるようになる。

2. iCloudの使用状況の内訳を表示

 AppleのiCloudで有料の追加ストレージを利用している場合は、この機能が特に便利だろう。新しいプロフィールセクションでiCloudオプションをタップすると、iCloudストレージの正確な使用状況を確認できるようになった。画面上部にあるグラフをタップすると、何が容量を消費しているか正確に知ることができる。デバイスごと、プログラムごとの内訳が表示されるので、それぞれがどのくらいの容量を消費しているのか、詳しくわかる仕組みだ。

 アカウントで2段階認証(有効にすべき機能だ)を有効にしていない場合は、メインの設定ページのプロフィールセクションのすぐ下に、「suggestion」(推奨)セクションが追加されていることに気付くだろう。Appleはこのセクションを利用して、デバイスのパフォーマンス向上につながる他の推奨事項も表示するかもしれないが、今のところ筆者のiPhoneで表示されるのは2段階認証に関する推奨だけだ。

3. 「マップ」に天気を表示

 Apple独自のマップアプリを気に入っている人は、どこへ出かけるにしても行き先の天気を見られるようになる。今回のアップデートで、画面の右下隅に小さな天気アイコンが追加され、その地域の現在の天気が表示されるようになった。天気アイコンを「3D Touch」するか、あるいは長押しするだけで、新しい画面に7日間の天気予報が表示される。

4. AirPodsを探す機能の追加

 奮発して「AirPods」を購入した人なら、この機能で時間とお金を節約できるだろう。買っていない人は、斜め読みしていただいてかまわない。

 「iPhoneを探す」アプリにサインインすると、アカウントに関連付けられたデバイスの1つとしてAirPodsも表示されるはずだ。クリックすると、最後にiPhoneとペアリングされたことがわかっている場所が表示され、AirPodsから音を鳴らすこともできる。ただし、耳を傷つけたくないなら、装着しているときに鳴らさないように気を付けよう。

 iOS 10.3のリリース日について、Appleから正式な発表はまだない。つまり、ここで紹介した機能も変更される可能性があるということだ。iOS 10.3の最終バージョンに、「シアターモード」や他の機能が搭載されるかもしれない。6月に開催見込みのWWDCより前にAppleが発表したいと考えている機能があるならば、まだその可能性はある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集