Wikipediaをさらに便利に活用するためのサービス5選 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WikiChecker

 「WikiChecker」は、Wikipediaの編集、更新にまつわるデータを分析するツール。各記事の編集履歴をもとに更新の多い記事、編集回数の多いユーザーをランキングで表示するほか、ユーザーの性質別の編集回数やほかに編集を行っている記事を表示する。編集合戦が行われているページを表示する機能も備える。

「WikiChecker」
「WikiChecker」

キーワードフォルダ

 「キーワードフォルダ」は、Wikipediaの記事をカテゴリで検索できるサービス。Wikipediaの記事を独自にカテゴリ化していることが特徴で、検索結果として記事だけでなくカテゴリを併せて表示することで、同じカテゴリに含まれる記事を手軽に知ることができる。

「キーワードフォルダ」
「キーワードフォルダ」

Wikiwix

 「Wikiwix」は、Wikipediaおよび関連サイトに特化した検索エンジン。Wikipedia本体の検索機能とは異なり、タイトルに加えて記事本文も検索対象となるため、単体では記事として存在しないキーワードに言及している記事を探す用途に使える。記事のほか画像や地図の単体検索にも対応。

「Wikiwix」
「Wikiwix」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]