logo

ドコモ、対話AIロボットをユピテルと共同開発--第一弾は動物型

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモとユピテルは1月26日、ユピテルが開発・販売する車載器やロボット型端末などに、ドコモのAIやIoTの技術を導入し、共同で商品開発やサービス提供を進めることを発表した。


 その第一弾として対話型AIロボットを共同開発し、2017年中の提供を目指す。この対話型AIロボットには、人工知能で自然対話を実現するNTTグループのAI技術「Corevo」の自然対話プラットフォーム技術を活用する。

 対話の内容を理解するだけでなく、顔を識別し、利用者の趣味嗜好に合わせた内容で対話するようになる。さらに雑談対話や内容に応じて声色を変化させた対話も可能。本体に搭載しているディスプレイで、対話をチャット形式で表示するため、内容の確認もできるという。


-PR-企画特集