10分単位で座席を借りられる「コインスペース」が飲食店と連携--営業時間外で収益化

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2017年01月23日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 利用者がスマートフォンで空いているスペース(席を)を検索して予約できるサービス「コインスペース」を運営するコインスペースは1月23日、店舗の空いている時間帯や席をコインスペース化させ、居場所を求める利用者向けに、時間料金制で利用できるコインスペース管理システムを開発したと発表した。

「コインスペース」
「コインスペース」

 コインスペースは、「居場所を提供する10分からの時間貸し」をコンセプトにした時間料金制のスペース貸し店舗。これまでに東急プラザ渋谷、QFRONT、ハイマンテン渋谷ビルなどに出店し、勉強や仕事、音声・動画チャットやマンツーマンレッスン、会議や打ち合わせ、趣味の教室、休憩や充電など、さまざまなシーンで約20万人に利用されているという。

 現在は、渋谷マークシティ WEST4階 しぶやクリエーションスクエア内にて、渋谷区観光協会と共同で、Coin Space by渋谷区観光協会を運営している。料金は、7~12時が30分100円(最大300円)、12~19時が15分100円(最大1500円)、19~23時が15分100円(最大1000円)。全席が電源完備なほか、フリーWi-Fiを提供、飲食物の持ち込みもできる。

店舗の“空き時間”を貸出して収益化

 今回同社は、店舗の空いている時間帯や席をコインスペース化させ、居場所を求める利用者向けに、時間料金制で利用できるコインスペース管理システムを開発。店舗向けには、簡単な登録で予約管理や入退場管理が可能なコインスペースのウェブシステムを提供する。

コインスペース管理システム(店舗オーナー向け)
コインスペース管理システム(店舗オーナー向け)

 利用者は、コインスペースのポータルサイトで会員登録後、好きなスペースを席単位で予約し、事前決済することで席を確保して利用できる。月額1万5000円からの法人会員プランも利用できるという。同社では万が一、利用者が物損などを起こした場合に対応すべく、東京海上日動火災保険の賠償責任保険にも加入(一部免責事項あり)しているという。

 この第1弾として、2月1日より居酒屋「ぷん楽」と提携し、QFRONT 8Fにある同店の営業開始前である10~15時をコインスペースとして提供する。料金は15分100円(最大1000円)で、学割で最大500円となる。同社では今後、渋谷区を中心に年内に100店舗をコインスペース化する予定。

「コインスペース」のポータルサイト
「コインスペース」のポータルサイト

 さらには、店舗ごとに「10分からの英会話教室」「10分からの家庭教師」「10分からの靴磨き」など、スキルアップやエンタメ体験などの新たなサービスを提供したいとしている。当該サービス内容を充実させることで、店舗・テナントの既存サービスだけでは限界のあった集客支援にも取り組む。

 今春には、渋谷に受付無人化店舗を出店。東京・大阪にて貸し会議室「アットビジネスセンター」を運営するアットオフィスと協業の可能性について検討を進めており、ネットワークをさらに拡大していく予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加