logo

スタートアップの商品を扱う「Amazon Launchpad」--配送体制から運転資金まで支援

山川晶之 (編集部)2017年01月18日 13時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Amazon Launchpad」で取り扱うスタートアップの商品。
Scroll Right Scroll Left

「Amazon Launchpad」で取り扱うスタートアップの商品。

 アマゾンジャパンは1月18日、スタートアップ支援のためのグローバルプログラム「Amazon Launchpad」を提供開始した。

(左から)アマゾンジャパンディレクターセラーサービス事業本部事業本部長の星健一氏、アマゾンジャパン社長のジャスパー・チャン氏、アマゾンウェブサービスジャパン代表取締役社長の長崎忠雄氏
(左から)アマゾンジャパンディレクターセラーサービス事業本部事業本部長の星健一氏、アマゾンジャパン社長のジャスパー・チャン氏、アマゾンウェブサービスジャパン代表取締役社長の長崎忠雄氏

 これは、特設サイト「Amazon Launchpad ストア」で、スタートアップの製品を国内外のAmazonで販売するもので、マーケティングおよびセールスサポート、配送サービス、運転資金をセットで提供する。Launchpadでは、100社以上のベンチャーキャピタル、クラウドファンディング、アクセラレーター、インキュベーターと世界各国で協力しており、日本では一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会やMakuake、ABBALabがパートナーとなる。

 Launchpadでは、サイズの大きな画像や複数の動画をベースとした専用の商品詳細ページが利用可能。ユースケースを紹介することで、新しいカテゴライズの商品であっても魅力をあますことなく伝えることができる。また、ブランディングとして創業の経緯や開発ストーリーを紹介でき、どういった思いを込めて商品を世に出すかをアピールできる。

商品紹介のページ。動画や画像を使って商品のユースケースを紹介できる
商品紹介のページ。動画や画像を使って商品のユースケースを紹介できる
創業の経緯や開発ストーリーを紹介することでブランディング強化につなげられる
創業の経緯や開発ストーリーを紹介することでブランディング強化につなげられる

 販売支援は手厚く、Amazonがオンラインで提供している「出品大学」の講座が視聴できるほか、「フルフィルメント By Amazon」により、出品しているスタートアップ企業に代わってAmazonが「プライム」マークを付けて配送する。また、「Amazonセラー広告」による商品認知度向上、海外販売を支援する「Amazon Global Selling」、各スタートアップが自社サイトのECでもAmazonアカウントを利用できる「Amazon Payments」を提供する。

 また、ユニークな点として、運転資金を融資する「Amazon Lending」を提供。商品数拡大のための運転資金や、季節商品の在庫拡大をサポートする。

「Amazon Launchpad」の特徴
「Amazon Launchpad」の特徴
スタートアップに提供するソリューション一覧
スタートアップに提供するソリューション一覧

 アマゾンジャパンセラーサービス事業本部統括事業本部長の星健一氏は、「スタートアップは、どの国においても経済を成長させるための重要な要素だが、商品を開発しても販路を確保するのが大変。既存販路では、関係構築のための営業に加え、取り扱う商品も需要が見込めるものに限られてくる」と説明。「スタートアップは、認知度、ストーリーを伝えられ、評価をすぐにもらえる場所を求めている」とし、Amazon Launchpadの有効性を強調した。

-PR-企画特集